お金のこと

離婚の際の話し合いで一番問題になってくるのがお金のことだと思います。特に慰謝料については泣き寝入りをせずにしっかりと法律の観点から請求をしていくことが必要になります。相手に完全に非があり、離婚をすることになった場合には自分の受けた精神的な苦痛の対価と慰謝料の請求が可能になります。これは夫婦間の財産分与とは別に発生する費用です。

離婚の場合には財産分与の他に年金についての分与や別居した際の生活費についても決めておく必要がでてきます。しかしながら、どのように慰謝料が発生して、どのように請求すればいいのかは素人には難しい部分もありますので、弁護士さんにすべてをお願いして慰謝料の請求をしていくことが一番賢明な方法になります。

慰謝料についての話し合いは、最初は協議する形になりますが、結論が出ないときには調停をする必要も出てきます。調停でも結論が出ない時には裁判になってしまうケースもあります。かなり時間はかかりますが、最初にも述べたように慰謝料の請求は権利ですから、絶対に泣き寝入りすることなく、担当の弁護士さんとしっかり相談しながら、時間をかけて相手からの弁済を受けるようにしていくことが自分の将来のためにも必要になってきます。