お子さんのこと

離婚は夫婦間の問題であるのは言うまでもありませんが、お子さんがいる場合にはお子さんのことも考えていかなくてはなりません。お子さんが未成年の場合には養育費をどのようにしていくのかをきちんと決めておくことが必要になります。同時にお子さんに対する親権はどちらが持つのかについてもきちんと双方合意の下で決めておかなくてはなりません。

親権を手放しても養育義務がなくなるわけではありませんので、親権と養育費は同時に法律的な手続きによって決めておくことが必要になります。双方ともお子さんの将来にとってどうすればプラスになるかを考えることについては納得できる部分が多いので、お子さんの問題については、弁護士さんが仲介して法的に適切な話し合いが行われれば、比較的スムーズに話し合いがつくことも多くなります。

離婚後のお子さんへの面会についてもきちんと決めておくことが必要になります。親のエゴによってお子供が板挟みにならないような配慮が必要となります。面会や養育費については、弁護士さんに相談して、ルールが守れなかった場合には一定のペナルティを用意しておく言こともお子さんの社会的な権利を守るためには必要になります。いずれにせよ、弁護士さんに適切なアドバイスを求めて事案を進めていくのが賢い方法になります。